傷んだ髪の毛を修復する方法

傷んだ髪の毛を修復する方法

綺麗な髪の毛は女性の憧れですがパーマやヘアカラーをするのも楽しいです。その都度、髪の毛は傷んでしまいます。そんな枝毛になったりパサついた髪の毛を修復する方法なのいのでしょうか?今回は【傷んだ髪の毛を修復すること】についてまとめておきましょう。
 
  • 傷んだ髪の毛を修復する4つの方法
 
簡単な方法もありますが、毎日毎日の努力が必要になるものもあります。ご自分ができる方法からまずは試してみてはどうでしょうか?
 
1番目は「朝シャンをしないこと」です。
学校に行く前や出勤する前に毎日のように朝シャンする生活習慣の女性は注意してください。朝起きた後の髪の毛の状態はどのようになっているのでしょうか?頭皮の毛穴は広がっている状態です。
 
とても皮脂が落ちてしまいやすいコンディションです。そこで朝シャンをすると頭皮に大切な皮脂まで落としすぎてしまう可能性があります。ダメージを受けやすくなってしまいフケや痒みの発生まで誘発してしまうリスクがあります。頭皮に触れないように朝トリートメントをするようにしてみるといいでしょう。
 
2番目は「アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を使用すること」です。
アウトバストリートメントと言うと聞き慣れないかもしれません。お風呂の外を意味するアウトバスです。お風呂以外で使用するトリートメントのことを指します。
 
簡単に言えば、乾いた状態の髪の毛にも使用できる洗い流さないタイプのトリートメント剤です。お風呂上がりで少し濡れている髪の毛に使うのも効果があると言われています。
 
洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)は(1)傷んだ髪の毛の修復効果(2)ダメージから保護する効果(3)髪の毛に艶を与えてくれる効果が高いです。自分でできるセルフケア・ヘアケアの方法としては一番おすすめできるでしょう。使ったことがないならば一度チャレンジしてみてください。傷んだ髪の修復を実感できます。
 
3番目は「ホットパックでヘアケアすること」です。
髪の毛をトリートメントしたあとに、熱いタオルを頭に巻いて10分程度置いておくヘアケア方法になります。トリートメント剤のダメージを修復してくれる成分や髪の毛を保護してくれる成分がより一層浸透しやすくなります。
 
リンス・コンディショナーではなくてトリートメントの上からするのがポイントです。ホットタオルの下にヘアキャップをかぶればさらに効果はグンとアップするのです。
 
4番目は「アミノ酸シャンプーを使用すること」です。
最近話題になっているのがコレです。アミノ酸シャンプーやコンディショナーはダメージを受けて傷んでしまった髪の毛を修復効果がとても優れています。どうして、そんなに効果が高いのでしょうか?
人の肌や髪と同様の弱酸性成分がアミノ酸シャンプーには含まれているからです。保湿力が高く髪の毛との相性はとてもいいです。
 
以上、傷んだ髪の毛を修復する4つの方法をご紹介しました。一度、傷んでしまったダメージヘアはなかなかケアが難しいです。地道なヘアケアが必要です。しかしながら、意識をしておけば元の健康的な髪の毛に戻すことはできますので、できる方法から試してみる価値はあるでしょう。
 
  • 紫外線にも注意しておけば髪の毛の傷みも最小限になる!
 
顔や首や腕は紫外線対策している人はいるでしょう。日焼け止めを塗っている女子は多いです。お肌のケアに必死になる理由はシミやシワの原因になるからです。ですが髪の毛に対しての紫外線の影響を気にしている人は案外少ないのではないでしょうか?
 
ヘアカラーやパーマをし過ぎてしまうと髪の毛はダメージヘアになります。そして、紫外線に当たりすぎても髪の毛は傷んでしまいます。お肌や顔のお手入れと同じように頭皮や髪の毛も紫外線を浴びすぎてしまったら適切なヘアケアをしてください。では、髪の毛の補修やヘアケア方法はどのようにすれば良いのでしょうか?
 
  • 紫外線を浴びたと思ったら、まずは保湿して傷んだ髪を修復しましょう!
 
1番目は「トリートメント」です。
美白化粧品は、どれを選んでいいのか迷ってしまうほどラインナップが多いです。同じようにダメージヘア用のケア製品もいろいろ揃っています。女性のお肌には保湿が大切ですが、髪の毛にも同じことが言えます。
 
今、使用しているシャンプーと同じシリーズのトリートメントを使ってヘアケアをしましょう!ダメージヘアを修復するのです。では、どのようにトリートメントをすればいいのでしょうか?
 
シャンプーをしたあとにトリートメントをしますが、その場合に傷みやすい毛先から上へ丁寧に塗布してゆきます。注意するべきポイントは頭皮までつけないことです。頭皮につけてしまうと毛穴が詰まってしまう原因になるからです。数分間、そのままにしておいて丁寧にトリートメント剤をすすぎましょう。しっかりとすすいでも効果は同じです。すすぎ残しがないようにしましょう。
 
2番目は「蒸しタオルパックをすること」です。
保湿効果をさらにアップしたいならば、温かい蒸しタオルを用意しましょう。頭に巻く髪パックをすると効果があります。パックすることによってお肌と同じように髪の毛への浸透がよくなります。ダメージヘアの補修スピードもあがりますから効果抜群のお勧めケア方法です。
 
3番目は「重曹シャンプーをつかうこと」です。
紫外線を浴びて傷んだダメージヘアには重曹シャンプーもお勧めのヘアケア方法です。髪の毛の補修効果だけでなく、皮脂や頭皮の汚れも洗い流してくれます。サラサラな髪の毛になってくれます。重曹シャンプーは、普段利用しているシャンプーと重曹の比率を5:1でミックスするだけでOKです。
 
  • 紫外線を浴びる前にしっかりとヘアケア・ガードしよう!
 
普段から生活習慣として紫外線に当たらないように予防することは大切なポイントで基本中の基本です。身体用や顔用に販売されているスプレータイプの日焼け止めがあります。外出時には頭にもシュッと一吹きしておくといいです。
 
「えっ、それだけで良いの?」と思うかもしれませんが、これだけでもかなりダメージは違ってきます。もちろん、帽子や日傘を使って紫外線対策をすることも忘れないようにしてください。
 
紫外線対策をしないでダメージヘアになると潤いが失われます。パサパサのゴワゴワの髪の毛になってしまいます。年齢とともに薄毛や抜け毛の原因にもなります。毎日のヘアケアで健康的で綺麗な髪の毛を維持しましょう。
 
  • ヘアカラーやパーマで傷んだ髪の毛の修復方法
 
パーマやカラーリングをした後の頭皮や髪の毛はとてもデリケートな状態になっています。洗浄力が強すぎるシャンプーを使ってしまうと髪の毛に必要な水分や油分まで奪ってしまうことになります。
 
こういったことから美容師さんは施術したあとに「今日はシャンプーをしないでください」とアドバイスするのです。どうしても髪の毛を洗いたい場合は、頭皮や髪の毛に優しいタイプであるアミノ酸系のシャンプーを使うといいでしょう。
 
パーマやカラーリングの後の髪の毛はアルカリ性の状態です。だから酸性に戻してあげる必要があります。酸性のものと言えば台所にある「お酢」です。お酢は酸性がとても強いですからアルカリ性を中和してくれます。
 
洗面器にお湯をいれて大さじ一杯のお酢を入れましょう。それに髪の毛を浸けて丁寧に軽く洗い流すだけでいいでしょう。この方法で髪の毛のキューティクルが修復されます。艶感が見事にアップしてくれます。お酢の匂いが気になるならばリンゴ酢を使えば、お酢ほど匂いが気になりません。


傷んだ髪のトリートメントケア・修復